exterior外壁塗膜アスベスト除去工事

外壁に使われていた塗材には
アスベストが含まれている可能性があります。

塗材や下地調整塗材に含まれているアスベストは添加量も少なくセメントや樹脂で固められています。通常の環境下でアスベスト粉じんが飛散することはないと考えられていますので、健康および環境には即時には影響はあまりないと考えられてきました。
しかし、経年劣化や、解体工事などで圧力がかかる場合には飛散の危険性が高まります。
外壁塗料に含まれているアスベストは一見ではアスベストが含まれていると判断ができないことから、経年劣化や解体工事などで飛散を防ぐ為には徹底した調査が重要になります。

アスベスト含有の「アスベスト含有仕上塗材」
の種類・製造年・含有率

種類製造年含有率
薄塗材C(セメントリシン)1981〜1988年0.4%
薄塗材E(樹脂リシン)1979〜1987年0.1〜0.9%
外装薄塗材S(溶剤リシン)1976〜1988年0.9%
可とう形外装薄塗材E(弾性リシン)1973〜1993年1.5%
防水形外装薄塗材E(単層弾性)1979〜1988年0.1〜0.2%
厚塗材C(セメントスタッコ)1975〜1999年0.1〜3.2%
厚塗材E(樹脂スタッコ)1975〜1988年0.1〜0.4%
複層塗材C(セメント系吹き付けタイル)1970〜1985年0.2%
複層塗材CE(セメント系吹き付けタイル)1973〜1999年0.1〜0.5%
複層塗材E(アクリル系吹き付けタイル)1970〜1999年0.1〜5.0%
複層塗材Si(シリカ系吹き付けタイル)1975〜1999年0.3〜1.0%
複層塗材RE(水系吹き付けタイル)1970〜1999年0.1〜3.0%
複層塗材RS(溶剤系吹き付けタイル)1976〜1988年0.1〜3.2%
防水形複層塗材E(複層弾性)1974〜1996年0.1〜4.6%

この一覧表と、建築当時の図面や築年数などを照らせばリシン・スタッコ・タイル仕上げの外壁にアスベストが含有しているのか目安にすることができます。
1970〜1980年代に施工されたリシン・スタッコ・タイルには、ほぼアスベストが配合されていると見られています。

レベル1に対応、安全に除去

弊社の施工する石綿含有仕上塗材の除去工法については、厚生労働省も環境省も日本建築仕上材工業会の研究発表をもとに、下記の工法について「隔離養生と同等の措置」を認めています。

・集じん装置併用手工具ケレン工法
・集じん装置付き高圧水洗工法
・集じん装置付き超高圧水洗工法
・剥離剤併用手工具ケレン工法
・剥離剤併用高圧水洗工法
・剥離剤併用超高圧水洗工法
・集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法

また、隔離養生をしてでの作業として、ディスクグラインダーケレン工法や水洗い工法などがあります。

FLOW施工方法

事前調査・施工調査

施工計画書・要領書の作成、必要機材の事前調達

作業前清掃

足場の組立

隔離養生・その他(機材等)養生

アスベスト除去

養生撤去・養生シート等廃棄物搬出

清掃

  • CONTACTお問い合わせ

    ご相談・ご質問等ございましたら、メールフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 0749-30-9315

リュウくん